キリンよりもフクロウの方が好き。

劇団 森キリン主宰の森山貴邦によって
稽古場の様子とかそうでないものが
延々と綴られる退廃的ブログ。

フクロウが好きだっていいじゃないか。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -| -
森キリンの名のもとに。
ついに劇団森キリンはじめまして公演「アトム」が終了いたしました!!

ご来場下さった皆様、ご協力いただきました皆様に心から深く御礼申し上げます。

そして座組のみんな。君たちと公演が打てて本当に良かった。こんな俺に付いてきてくれて本当にありがとう。初めての演出がこの公演だった事を誇りに思います。

森キリンとしての次回公演の予定はまだございませんが、必ず第二回公演打ちます!!
そしてそれまでの間も、みんなそれぞれに活発に活動していきます!
今後とも劇団森キリンをよろしくお願いします!!!


そんなわけで、とりあえずまずは何も考えずに眠りたい…。
いい夢が見られそうだ。

それでは。
本番の話 | permalink | comments(27) | trackbacks(0)| -
折り返しは必ずしも目途にはならない。
 今日は3日目の4ステ目。
前から見ていて、あぁ、こういう作品なんだなと改めて思った。
そして、あまりに面白くて、自らいたく感動してしまった。

いろんな人に見てもらいたい作品になった。

明日はマチソワ、そしてジャズライブ。正直不安だらけだが、全力を尽くそうと思う。

よろしくお願いします。

リピーター割実施中!
本番の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
やっと胸を張れる。
 3ステ目終了!
今日は今までで一番多くのお客様にご来場いただきました。感謝!感謝!

本番を観ていて思うのは、芝居はやはり舞台でやらないとわからないということです。稽古場で見えていたものと舞台上で見えていたものが違いすぎて昨日は戸惑っていましたが、それをもとに今日は色々と演出を変えてみました。それがなかなか好評で僕も一安心です。まだまだ直すところが山積みなので油断はできませんが、とりあえずこれで自信を持ってお客様を迎えられます。

自分の弱さと戦いながら、座組のみんなに支えられて本番を迎えております。
いろんなことが後手後手になってしまって非常に情けないですが、どうぞよろしくお願いします。

本番は日曜まで続く・・・!リピーター割(2回目以降¥400)実施中!!!
本番の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
あけてびっくりなんとやら。
 というわけで初日あけました!!いぇい!!
祝日にも関わらず当日券で観に来てくださった方もいて嬉しい限りです。
作品を作ってこうやって日の目を浴びるのは初めてなのでなんだか今日は一日不思議な気分だった。とりあえず、あけてみたらなんだか少し気分が楽になった気がする。まだ気は抜けませんが。

今日は祝日で2ステあって、2ステ目にはアフターイベントつき。みんな苦しんでいるのがよくわかったが、1ステ目よりも2ステ目の方が確実によくなっていたので一先ず安心です。アフターイベントも好評だったみたいでよかった。

まだまだ直すところがたっくさんあります!直せるところは永遠に尽きません!
明日からまた改めて気合い入れます!!

とにかく今はジャズライブが不安だ・・・。

よろしくお願いします!!!
本番の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
とにかく幕は開く。
ついに明日、劇団森キリンはじめまして公演が初日を迎えます。
今日まで座組をはじめ、たくさんの方々のご協力のもと駆け抜けてまいりました。感謝の念でいっぱいです。

昨日はブログ更新にまで手が回りませんで、日記はおサボりしてしまいました。申し訳ありません。
しかし公演の方はおサボりなしの全力投球でやっております!
短いようで長かった2ヶ月間。みんな全力を尽くした。そして楽日まで走り抜けます!! 





X×X×X×X×X×X×
 
この地面をずっと延長すると何があるんだろう、知らないけど。
そんなの考えなくて、ぼうっとしてる分には問題ない。
 
いつからか、アンモナイトが私たちをじっと見つめている。
お前たちは進化しているのか? 
 
人それぞれの、繋がり方と解け方。
その過程の話。
 
 
 
劇団森キリン 
      はじめまして公演
 
     アトム
 
  作:森下なる美
  演出:森山貴邦
 
 
X出演者×
加藤拓実
田中俊太朗
野島昭平
檜垣憲之介
本山志織
山本祐也
 
 
X日程×
2月11日(水・祝)〜2月15日
11日  14時〜 18時〜★
12日  19時〜
13日  19時〜
14日  14時 18時〜♪
15日  14時〜
★=終演後に、なるなるによるすてきな朗読会があります。
♪=終演後に、たのしいバレンタインジャズライブをします。
※受付開始は開演の40分前、開場は開演の30分前です。
 
X会場×
桜美林大学徳望館小劇場
(JR横浜線 淵野辺駅より 桜美林大学スクールバスまたは神奈中バスにて約8分))
 
X料金×
前売り  800円
当日   1000円
※芸術地域通貨ARTSが1ARTS=1円で使えます。
 
 
Xお問い合わせ×
morikirinn@gmail.com


よろしくお願いします。
公演案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
痛みを伴う旗揚げ公演。
 今日は照明班以外は日中に観劇、その後夜から稽古。
例によってみんな同じ舞台を観にいくので鉢合わせになるわけだが、もはやみんなに会うと安心している自分に気づいた。それは果たしていいんだろうか。つかどんだけ仲いいんだ。

そして観劇後は稽古開始まで時間があったので、行ける人たちは劇場へ赴き残っている作業の手伝い。俺はと言えば省吾の運転する車で大量にある小道具たちの搬入と、置き道具で使うために大学のキャンパスそばに捨ててある冷蔵庫の回収へ向かった。しかしその冷蔵庫もゴミ捨て場にあるとはいえ無断で持ち出すわけにもいかず、とりあえず隣にあった建設会社に聞いてみた。事情を話し、こちらで処分することを伝えると快諾してくれたものの、「先に名乗るのが常識だろ」と軽く説教されてしまった。そりゃそうですね。すいません。演劇ばっか勉強してないで常識も身に付けねば・・・。とまぁ軽く落ち込みつつも、とにかく冷蔵庫ゲット!省吾と2人でワーキャー言いながら車(セダン型)の後部座席に積み込み、劇場に戻ってまたワーキャー言いながら積み下ろし、省吾は車を駐車場に止めに行こうとバックしたその時、「バキッ、メキメキ」という音が・・・。思いっきりバックで電柱に突っ込んでいた。あぁ、省吾かわいそ過ぎる・・・。

そんなこんなでアタフタしていると、もう稽古に向かわなければならない時間に。結局集合時間に少し遅れて到着。なんだか今日はみんな、特に珍しくも拓実が疲れきっていて、稽古していても出ていない人たちは常に突っ伏している状態。みんな仕込みの疲れが残っているんだろうか・・・。なんかむしろみんなでカラオケとか行った方がいいモチベーションで本番に向かえる気がする。まぁそういうわけにも行かないんだけども。

とにかく旗揚げ公演はわからないことだらけです。そこに飛び込む覚悟はしてきたものの、やはりどこか甘く見ていたところばかりで、今そのしわ寄せたちと奮闘中です。
とりあえず素敵な初日を迎えたいなり。

明日はついに劇場で稽古だ!そして通しだ!でも多分無理だ!頑張る!!
稽古以外 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
これから一週間お世話になります。
 今日はついに仕込み。小屋入り初日だ。
普段苦手な早起きをし、動きやすい服装を選び、作業用軍手を準備して、勇んで劇場に向かった。キャスト陣は例によって2名ほど遅刻。・・・てぇーい!!何してんの!!まぁ5分少々だからいいものの・・・。
しかし今度は集合時間になってもスタッフが一人も来ない。なんだぁ?と思っていると、仕込みの手伝いに来ていたかすみん(通称みんかす)がやってきた。「スタッフはもう劇場にいるよ。森キリンの人が一人も来ないみたいになってるよ」とのこと。どうやら色んな行き違いからお互い待ちぼうけ状態だったらしい。朝っぱら思いっきりすれ違った。くそぅ・・・。

何はともあれ仕込みを開始。まずは客席作り。次に大道具の搬入。それに平行して音響・照明が吊り込み。
俺は今回演出兼音響班でもあるので、スピーカーを吊り込み。照明との兼ね合いで場所を決めようと思っていたのでその場で判断。当然ながら余計な時間がかかってしまった。さらに、今回お世話になる劇場の仕込み経験がほぼないに等しい俺と省吾では音響卓の立ち上げ作業がなかなかうまくいかず、結局経験豊富な角田というちっちゃい女音響家に何度も電話をかけて、やっとの思いで立ち上げ完了。なんとか時間は押さずに終わった。音響は手が空いたので舞台班に移ろうとしていたとき、情けない俺達を心配して角田がやってきてくれた。よっぽど心配だったらしい。本当にありがとう。そして申し訳ない。今度なんか買ってあげるね。

というわけで照明班以外は舞台で使う畳の縁取り部分の縫い付け作業へ。いい大人の男たちがみんなで慣れない裁縫をしている姿は実に滑稽だった。あちこちで糸が切れたり玉止めが出来なかったり糸が引っかかったりしてたくさんの悲鳴が劇場に響いていた。
その間照明班はただただ明かり作り。しかし、イケメン照明家の谷ーにゃは実は今日体調を崩して死にそうな顔をしていた。本人いわく、数日前にケン○ッキーを食べてからお腹を壊してしまい、今やCMを見るのも辛いくらい体調が悪いらしい。正露丸を飲んで夜にはなんとか回復しつつあったが、最後は倒れこむように「もう嫌だ・・・」と言っていた。ありがとう谷ーにゃ。今度なんか買ってあげるね。

そんなこんなで小屋入り初日は終了。見事にみんな行き当たりばったりで問題だらけだったが、なんとかなったから良しとしよう。
さて、明日キャスト陣は日中観劇、夜から稽古。スタッフは朝から動いている。
まだまだ頑張らねば。
稽古以外 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
目視できた時には通り過ぎている。
 今日も昼から稽古。
今日の稽古では野島ンが適当だったり作品の設定について話し合ったり、檜垣さんが実写版ドラゴン○ールの悟空みたいになったり檜垣さんがチャラくなったりした。

そんなこんなで稽古は早めに終了。舞台監督の加藤(通称ちゃあさん)が稽古場に来て、明日の仕込みについて説明してくれた。
そう、もう明日仕込みなんすよ!小屋入りなんすよ!!
いやぁ早い早い。もうピュッと始まってズバッと終わってしまうよ。作品はギリギリ間に合うって感じになりました。もともとそのつもりだったから目論見どおりと言えばそうなんだけど、やはりこっちとしてもハラハラドキドキ。果たして間に合うんだろうか、面白いんだろうか。色んな部署と色んなミーティングを重ねてきたが、いつでも付いて回るのが「やってみないとわからない」ということ。それはとても行き当たりばったりで怖いことかもしれないが、固定概念がないという意味ではそっちの方が俺は好みだ。

不安も多いが、楽しみも多い!

離れていることで、僕は僕と繋がる。僕の細胞は、もっと僕と繋がろうとする。それを期待して、僕は戦争に行くんだ。

明日は9時集合!気合い入れる!よっしゃ!!
稽古以外 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
つまり初心が大切。
 今日は昼から稽古。例によってそれと平行してバンドの練習。
一昨日の夜にベースの練習でできた血豆(水ぶくれ?)を潰したのだが、その傷あとが見事に猛威を奮ったために中指と人差し指が使い物にならず、今日は薬指で練習。しかし3時間近く薬指一本で練習していたので薬指はあっさりと第3の犠牲者となった。やっと技術が追いついてきたと思ったら今度はケガが障害となってきた。ライブ本番まで1週間ちょっと。果たしてそれまでに指が治るかどうかが心配だ。

そして夜からは稽古に合流。ロビーから稽古場にみんなで移動しようとすると、檜垣さんが喫煙所からなかなか戻ってこず何人か足止めを食らってしまった。あまりにも戻ってこないので俺が拓実と祐也を残して呼びに行った。すると喫煙所には野島ンしかおらず、しかも野島ンが俺の顔を見るなり苦笑いを浮かべて目を逸らした。違和感を覚えつつ、ちょっと離れたところにいた檜垣さんに声をかけたらなぜか焦っていてさらに違和感。追い討ちをかけるように祐也が走ってきて「拓実が呼んでる!」とか訳のわからないことを言っていたので、これはもしや・・・と思いながら稽古場へ移動。そして程なくして突然稽古場が停電!きた!!

「♪ハッピバースデートゥーユー、ハッピバースデートゥーユー、ハッピバースデーディアたかくにー、ハッピバースデートゥーユー♪」

そう、Today is my birthday. 途中まで完全に忘れていたのに、アホな男たちによって俺は気づいてしまった。若干残念ではあるが、ちょっと抜けてるのがみんならしくて良いと思う。っていうかありがとう。そして実は省吾も誕生日なので2人仲良くおいしいショートケーキを食べた。が、食事休憩直後だったためにあまり食べられず、結局みんなで食べた。省吾は「腹減ってるときに食いたかった」と言っていた。

愛しさと切なさと胃もたれを抱えながら稽古にシフト。
なんだか今日はセリフが飛んだり、忘れたり、くだりがごっそり抜けたりと基本的なミスが多かった。慣れからなのか油断からなのかわからないが、本番まで一週間切ってから改めて基本に戻る必要がありそうだ。自分も最近かなり怠惰なので、この機会に気合いを入れなおそうと思う。

二十歳最初の大仕事、全力を尽くします。
稽古の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
とにかく全ては自分から。
 今日も昼から稽古。その前にやる気むんむんイケメン照明家の谷ーにゃと照明の打ち合わせ。に寝坊。またやってしまった。すいません、二度寝です。しかし心の広すぎる谷ーにゃは優しく迎えてくれた。谷ーにゃは普段は頭悪いが、谷ーにゃなりにしっかり考えててくれるので、とても素敵なプランを提案してくれる。要するにいい奴である。
そんな谷ーにゃとのミーティング後、稽古場へ。遅刻。すいません!ミーティングが盛り上がってしまって・・・!いや、ていうか俺の朝の遅刻分を計算すれば遅刻せずに済みました。もう2回ぐらい死んでしまいたい。いや、死なないけど・・・死ねないけど・・・。

しかし今日はたなしゅんさんが散髪のため、トリプルY(通称祐也)が寝坊のために遅刻したために稽古場は役者4人と主宰2人だけに。なんだか気合いが入らず、例によってグダグダしてしまう。そろそろこの習性改善せにゃなぁ・・・。
というわけでトリプルYとたなしゅんさんが合流してから稽古は開始。今日は、最近調子の悪い序盤を稽古することに。若干のネタバレになるが、今回実は開演前から芝居は微妙に始まっていて(つまり開場中も舞台上でドラマが進行しているのだが)、そこがものすごく面白い。面白すぎて開演前にやるのがもったいないくらいだ。まぁとりあえず、幕前が本編よりも面白くならないようにというか、本編が幕前に負けないように努力します。

そして稽古の後半には衣装のみきてぃが稽古場に足を運んでくれて、仮の衣装を見せてくれた。事前にミーティングをしてあったのだが、今回は少し特殊な衣装を作らなければならないのでイメージと違うものが来てしまった。申し訳ないが急きょプラン変更。一時間近く話し合っていて、役者を放置気味にしてしまった。本当にあちこちに申し訳ない。

なんだかここ最近、自分の弱さや迂闊さを身に染みて感じている。いくら忙しくなったって周りを戸惑わせてはいけない。辛いときこそ凛とせねば。

とりあえずは、明日は遅刻しない。当たり前だけど大切。

そんな小屋入り3日前、そして本番一週間前。

むぅ、とにかく走り続けよう。
稽古の話 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)| -
 1 >>
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS